<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

秋深し。

少し余裕のない毎日をおくっているうちに、すっかり秋らしくなってきました。
ブログの方…すっかり、ごぶさたで、失礼しております。
また、ゆっくりとでも更新していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
d0064399_6521339.jpg

アマゾンリーフフィッシュ in 姫路市立水族館
[PR]

by ko-puchi | 2006-10-31 06:52 | すいぞくかんにいこう

オニヤンマ?

これがトンボになるなんて不思議!
d0064399_63608.jpg

木にとまっている姿を見ると、トンボになるかも…って気はするかな^^
d0064399_6362355.jpg

でもやっぱり昆虫の幼虫って不思議!

ヤゴ in 姫路市立水族館
[PR]

by ko-puchi | 2006-10-20 06:37 | すいぞくかんにいこう

ちっちゃ~^^!

初めてのシロクマ。
カメラを向けて初めてのショットは…
d0064399_1932377.jpg

…ちっちゃ~^^!
シロクマくんを前に皆、「でっかぁ~」と口にしているのにね。
望遠レンズを持っていない私はこんなに小さくしか写せませんでした。

でも記念の1枚です♪

シロクマ in 天王寺動物園
[PR]

by ko-puchi | 2006-10-17 19:34 | どうぶつえんにいこう

大事やねん

枯草のかたまり?をニッコリ抱いているライオンさん
何かとっても、大事なものみたいですよね。
d0064399_644253.jpg

例えば、十数年前?のお茶のペットボトルのキャップが捨てられない私(^^;
だって「しみじみ」って猫のイラストが書いてあるんよ。
まぁ、しょうむない…と笑われるけど。

だってこれは、家族で「須磨アルプス」にハイキングに行った時に買ったお茶なんよ。
馬の背っていう、とっても高くて細い道、恐くて恐くて、ダッシュで走ったんよ。

そう、大事にしてるのは、思い出やねん。
だから、ペットボトルのキャップ捨てられへんねんね。

なんて言いつつ、キャップは本棚の隅っこでいつもホコリをかぶってます。
ま、こんな風に捨てるキッカケを失った”しょうむない”物が多くて…。
お陰で「片付けられないやつ」だと言われてます。

でも、だって。大事やねん。
d0064399_6443854.jpg

[PR]

by ko-puchi | 2006-10-16 06:46 | どうぶつえんにいこう

かくれんぼ

アマモ畑でかくれんぼ?
でも、めちゃめちゃ見えてるで~(^^)
d0064399_5143286.jpg

ギンポ in 和歌山県立自然博物館
[PR]

by ko-puchi | 2006-10-15 05:15 | すいぞくかんにいこう

静寂

ん?今何か動いた???
と思ったらアナゴの登場です。
d0064399_20503571.jpg

最近気になっているのが、アナゴの喉。
ぷくっ♪って膨れる瞬間があるのですよ、ぷくっ♪
d0064399_20504719.jpg

このあとジャリジャリ音をたてながら砂利の中に姿を消し…残されたのは静寂のみ。
水族館では土管アパートに住んでいるというイメージのアナゴですが、自然では見つからないよう、うま~いこと隠れているんでしょうね。

ノコギリウニがメインのこの水槽、アナゴのネームプレートもなく。
スーパー隠れキャラではないかいな~^^

アナゴ in 和歌山県立自然博物館
[PR]

by ko-puchi | 2006-10-13 20:55 | すいぞくかんにいこう

何パーセントかな。

人体の70パーセントは水。
クラゲは何パーセントが水なんだろう?
d0064399_6415895.jpg

おっ、この角度珍しいなぁ~!と撮ってみましたミズクラゲ。
でもこれじゃぁ、ミズクラゲ(=ヨツメクラゲ)ってわからんがな。
失敗?でも気に入っています。

ミズクラゲ in 和歌山県立自然博物館
[PR]

by ko-puchi | 2006-10-12 06:44 | すいぞくかんにいこう

スマイル君にもう会えない

須磨海浜水族園のアイドル、バンドウイルカのスマイル君が5日朝、急死したそうです。
訃報を聞いてから3日たちました。
未だ信じられない気持ちでいっぱいですが、やっぱり本当の事…と受け止めざるを得ません。

須磨で生まれたイルカ…なので略して「スマイル」。
初めて聞いた時にはぷぷぷっと笑ってしまったけれど。
水族館で新しい命を育むことの難しさ、育てる事の難しさを知るにつれ、スマイル君はやっぱり私にとってもアイドル的存在でした。
6歳、人間でいえば12歳…なぜ?という気持ちでいっぱいです。

お客さんに水をかけて遊んでいたこと。
先輩の技をちゃっかり、すぐに覚えていたこと。
メスイルカが気になって、ライブにならなかったこと。
イルカって顔のせい?スマイルって名前のせい?思い出はいつも笑顔です。
末筆ながら心よりご冥福をお祈り申し上げます。
d0064399_2233515.jpg

[PR]

by ko-puchi | 2006-10-10 22:04 | すいぞくかんにいこう

ヒカリウミウシ☆

透明感のあるこのウミウシ。
名前をヒカリウミウシといいます。
d0064399_702465.jpg

止まり木?から止まり木へ?
意を決して「とぉ~っ」と(ゆっくり)移動するウミウシさん。
目的地にたどりついて、ほっ。
d0064399_703981.jpg

d0064399_705490.jpg

d0064399_71624.jpg

d0064399_711821.jpg

ヒカリウミウシ in 和歌山県立自然博物館
[PR]

by ko-puchi | 2006-10-09 07:03 | すいぞくかんにいこう

見返り美人

ウミウシには派手な色合いのものも多いですよね。
「私、毒がありますわよ?」とアピールしているかのようです。
これも敵から身を守る術なのでしょう。
d0064399_80021.jpg

このウミウシさん端っこが好きなようで、なかなかいい場所にきてくれません。
おまけに変なポーズばかり。
これも変なカメラマンσ(^^*)から身を守る術なのでしょう。
d0064399_801484.jpg

それでも私の念が通じたのか、一応こちらを向いてくれたようなので、タイトルを「見返り美人」としてみました(^^)

ニシキウミウシ in 和歌山県立自然博物館
[PR]

by ko-puchi | 2006-10-08 08:02 | すいぞくかんにいこう