ハナタレ

マアナゴの稚魚(シラス幼生)です。
d0064399_6553495.jpg

で、これより前の姿がこれ、レプトケファルス幼生(柳葉幼生)です。
お見苦しい写真でゴメンナサイ。
d0064399_6555332.jpg

深海で生まれ、レプトケファルスの形でひらひらと波に乗り、日本の沿岸までやってくるようです。
葉っぱみたいに薄く、半透明な体がとってもきれい~。

で、この半透明の体から、明石の浜や漁師さんの間では「ハナタレ」と呼ばれています。
すごいネーミングですよね!
明石ではイカナゴ漁の際にイカナゴに混ざって水揚げされ、出荷の時には「ノレソレ」といいます。(明石タコ検定、公式テキストブック参照)
他にも色々と地方名を持っているようで、きっとおいしいのでしょうね。

マアナゴの赤ちゃん in 名古屋港水族館
[PR]

by ko-puchi | 2006-08-19 06:59 | すいぞくかんにいこう