Smile

d0064399_6504376.jpg
私が水族館に行くようになったきっかけは、1冊の写真集「Smile」を手にしたことでした。

魚たちが実は表情豊かな愛すべき存在であること、たとえばハリセンボンがいつも笑ってみえることを初めて知りました。
今にもヤドカリの足音が聞こえてきそうな、波の音が聞こえてきそうな、地球が動いている音が聞こえてきそうな…そんな不思議な気持ちになりました。

本を開くたび、著者のような、やさしいまなざしを私ももちたいと、思うのであります。

海洋写真家・井上慎也のホームページ
[PR]

by ko-puchi | 2005-11-26 06:55 | すいぞくかんにいこう